やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2022/10/04
電子帳簿保存法/見積書の相手方への提出が複数回に及ぶ場合に保存すべきもの

[相談]

 私が経営する会社では、主に店舗やオフィスの内装工事業を行っています。
 慣習上、顧客から最初の問い合わせを受けてから着工するまでに、値引き要請を受けたり、他社との相見積もりになったりすることが多いため、見積書は複数回その内容を変更して再作成し、その都度相手方に提出しています(なお、見積書については最初の段階から一貫してパソコンを使用して作成しています)。
 そこでお聞きしたいのですが、電子帳簿保存制度にもとづいて、それらの見積書を紙ではなく電磁的記録により保存しようとする場合、保存すべき見積書に係る電磁的記録は、最終のものだけでよいのでしょうか。


[回答]

 ご相談の場合、最終のものだけでなく、相手方に交付したすべての見積書に係る電磁的記録を電子帳簿保存制度にもとづいて保存する必要があります。


[解説]

1.電子帳簿保存制度における「国税関係帳簿書類」とは

 法人税法上、青色申告の承認を受けている内国法人は、一定の帳簿書類(※1)を備え付けてこれにその取引を記録し、かつ、その帳簿書類を保存しなければならない(※2)と定められています。

 電子帳簿保存制度では、上記のような国税に関する法律の規定により備付け及び保存をしなければならないこととされている帳簿(国税関係帳簿)と、国税に関する法律の規定により保存をしなければならないこととされている書類(国税関係書類)をあわせて、「国税関係帳簿書類」と呼んでいます。

※1 帳簿とは、仕訳帳や総勘定元帳などのことをいい、書類とは、棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文書、契約書、領収書、見積書などのことをいいます。

※2 保存義務のある帳簿書類には、取引に関して、相手方から受け取った契約書や領収書等だけでなく、自己の作成した書類で、その写しのあるものについてはその写しも含まれます。

2.国税関係帳簿書類の電磁的記録による保存

 上記1.の国税関係帳簿書類のうち、自己が最初の段階から一貫してパソコンを使用して作成しているものについては、一定の要件の下で、紙での保存に代えて、電磁的記録(※3)による保存が認められています。

 このとき、見積書や請求書のように相手方に交付する書類については、電子帳簿保存制度上「実際に相手方に交付した時点における電磁的記録」を保存することが必要とされています。

 このため、今回のご相談のように、見積り内容の変更の都度、相手方に見積書を提出しているような場合には、そのすべての見積書に係る電磁的記録を保存する必要があることとなります。

※3 電磁的記録とは、その情報がハードディスクやクラウド(ストレージ)サービス等に記録・保存された状態にあるものをいいます。

[参考]
法法126、法規59、電子帳簿保存法2、4、国税庁「電子帳簿保存法一問一答【電子計算機を使用して作成する帳簿書類関係】」(令和4年6月)など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



親が自分で購入した墓石等の未払い代金の相続税債務控除適用可否2022/09/27
年の途中で土地を売却した場合の固定資産税納税義務者2022/09/20
すまい給付金を受給した場合の住宅ローン控除額への影響2022/09/13
丸投げ工事の消費税簡易課税制度における事業区分2022/09/06
住宅取得等資金贈与に係る贈与税の特例と暦年課税の基礎控除との併用可否2022/08/30
譲渡所得計算における、5%取得費と相続税額の取得費加算の併用2022/08/23
媒介者交付特例の適用を受けるための適格請求書発行事業者登録番号の通知方法2022/08/16
中古自動車買取販売業者がインボイス制度下で仕入税額控除を受けるための要件2022/08/09
令和4年からの住宅ローン控除における所得要件の改正(引き下げ)2022/08/02
合同会社が解散した場合の清算事業年度2022/07/26
倉庫の賃貸借契約書と印紙税2022/07/19
退職者への未払い残業代の支払いと源泉所得税の徴収2022/07/12
プロスポーツ選手に支払う契約金の法人税法上の取扱い2022/07/05
所得税の予定納税額を減らすことはできますか2022/06/28
社長が業務遂行中に行った交通反則行為による反則金を会社で支払った場合の取扱い2022/06/21
お問合せ
岡田淳税理士事務所
444-0933
愛知県岡崎市渡町字大榎41番地
TEL:0564-34-3668
FAX:0564-34-3696
メールでのお問合せ